CHIli mo Tsumoru

長時間、脳みそをフル回転させた日は

家に帰ってもその余韻が残る

普段、「プリッツ」が手元にないと手が震える僕ですが

この時だけは「プリッツ」がなくても大丈夫なのである

ぐるぐるぐるとどうでもいい事を永遠と考え

その中で出てきたフレーズや脈略や計画などを、頭の中で自分自身に発表し

 

「コレしにヤバい」

 

という事を何度も繰り返す

***************

誰か : 「お前はなんでもかんでも”最高”って言うよな。ハードル低すぎんじゃね?」

わたし : 「早漏サイコー!」

***************

今日の発表会で1位に輝いたのは

この「早漏サイコー!」という返答の仕方だ。

 

「最高と感じるものが多ければ多いほど楽しいじゃねえか」

という「はいはいリア充ですか」と思わせてしまいそうな返答を

あえて“早漏”に比喩ったところが

「わたしは敵ではない、しかしこの想いだけはどうしても伝えたい」

という ”逃げ腰の反抗” をキャッチーに表現したとこがオシャレだ

 

早漏に関しては人それぞれ捉え方に違いがあり

僕の早漏論がアナタのそれとは大きく乖離している場合はこの表現は・・・・・

 

みたいな事を延々考える日なんだ今日は

誰に何を伝えたいわけでもなく

この発表会が落ち着くまで、吐き出さないと何か気持ちが悪い。

そんな日なんだ今日は

 

 

 

 

アグレ買ってきます。